会長ご挨拶

 
会長

この度、田中会長の後任に、私佐藤が新会長に就任いたしました。協議会の振興と会員校の連携した教育の充実に尽力する所存であります。

全国栄養士養成専門学校協議会(全栄専協)は、管理栄養士・栄養士を養成する専門学校間の情報の交換と教育の交流を深めるとともに、行政、栄養士会や就職先等関係各方面と密接に連携して、専門学校における管理栄養士・栄養士教育の資質の向上と職業実践教育の振興を図ることを目的にしております。また、食育インストラクター資格認定制度の運営や教職員の研修、学生の表彰なども行っております。現在、全国28校の専門学校の会員で構成されております。

少子超高齢化の時代の中、管理栄養士・栄養士の役割が社会的に大きな期待が寄せられております、保健、医療、福祉、介護、保育、スポーツ、美容等々、各方面から食と栄養、健康と疾病予防に関する指導者(管理栄養士・栄養士)の要望が増えている現状です。実務・実践力に優れた専門学校の卒業生は職場でも高い評価を頂いております。

=専門学校の特色は=
①学生・保護者・卒業生・教職員が一体となって教育に携わっています。②企業等と密接に連携して、最新の実務知識・技術・技能を身につけられる実践的な職業教育に取り組んでおります。③校外職場で実践的な実習で、卒業後は即戦力として活躍が期待されます。④社会人としての人間力が養われ、積極性・協調性・責任感に優れ卒業後の職場では大変喜ばれております。食と栄養・健康のスペシャリストの人材養成には、大変重要な役割を専門学校は担っております。

厳しい時代ですが、希望と誇りを持って学生の笑顔を大切に精進しましょう。

トップへ戻る

全国栄養士養成専門学校協議会